KANNAVIのYOUTUBE「kannavi_tv」ここを押すと移動します。

韓国のマスクの種類「KF80」,「KF94」,「KF99」

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のせいで最近マスクの購入が厳しい状態が続いています。韓国も日本と同じ状況ですね。

韓国は政府か韓国で生産されるマスク9割以上を仕入れて、郵便局や薬局で一人当たり2枚ずつ制限して販売しています。

では韓国で販売しているマスクの種類について調べてみましょう。

保健用マスクは、粒子遮断性能によって製品を区別します。

国内流通中の保健用マスクは、KF80、KF94、KF99などの3つの種類があります。

KFは韓国食薬庁で認可された保健用マスク(Korea Filter)を意味し、KF後の数字は、入射遮断性能を意味します。

KF80ーマスク

範囲:0.6μm粒子80%遮断可能。
機能:粒子性、有害物質(黄砂、PM2.5)から呼吸器を保護

簡単に言うと有害物質の100個が入った場合80個を通過させなかったってことになります

KF94ーマスク

範囲:0.4μm粒子94%遮断可能。
機能:粒子性、有害物質(黄砂、PM2.5)と、インフルエンザのような感染源から呼吸器を保護

簡単に言うと有害物質の100個が入った場合94個を通過させなかったってことになります

KF99ーマスク

範囲:0.4μm粒子99%遮断可能。
機能:粒子性、有害物質(黄砂、PM2.5)と、インフルエンザのような感染源から呼吸器を保護

簡単に言うと有害物質の100個が入った場合99個を通過させなかったってことになります

KF94テスト

有害物質が通過するのかのテスト動画です。「38秒」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です