KANNAVIのYOUTUBE「kannavi_tv」ここを押すと移動します。

iPhone SEデザイン・スペック

待ちに待ったIPHONE SEが公開されました。2019年から続く流出されたイメージとレンダリング画像のみ依存してきましたが、今は、アップルが公式にiPhoneのSE2デザインと仕様を公開しました。IT専門メディアで推測した結果とデザイン、そして私たちが考えていたスペックがほとんど的中しました。公開がされたiPhone SE2いますぐ調べてみましょう。

iPhone SE スペック・デザイン的中

iPhone SE特有のホームボタンのデザインを維持しながらパフォーマンスをアップグレードしたモデルが「iPhone SE2」です。デザインは、やはり、「iPhone8」のデザインを維持して、サイズも4.7インチを使用しました。プロセッサは、A13バイオニックチップセットの使用、ストレージは64GB・128GBを使用します。

現在のiPhone8のデザインが好きな方もいますが、現存のスマートフォンと比較するとスペックに押されるのは事実です。それもアップルも共感していたでしょう。デザインが上手く出来ていますが、今まで使用するには、Appleユーザーの立場では、旧世代の携帯電話を使用している感じが強かったはずです。

しかし、今回のiPhoneのSE2により復活デザインを維持して、強力なチップセットを使用したA13チップセットを追加したのです。このだけでなく、フラッグシップに使用する様々な機能も追加となりました。ただし、コスト削減するために、多少抜けた機能と小さいRAMを使用したことが気になりますが、現在公開された性能と低価格であれば十分コスパがいいと思います。

材質はさらに硬く丈夫になったグラスを使用した横ラインはアルミニウムのデザインを使用して、耐久性に硬く素晴らしく出来ています。材質から判断してもコスパがいいと思います。こういった部分が公開される前には実現されるか気になっていました、いざ公開されたのを見たら本当に凄いですね。

iPhoneの8のデザインを維持し、iPhoneの最適なサイズを維持して、サイズは4.7インチを使用します。iPhoneのSE2はプラスの形ではなく、スペシャルエディションモデルであるため、一種しかない4.7インチの最終的なモデルです。

次にA13チップのみサポートしている人物の写真モードもサポートします。人物写真モードでは、背景をぼかし処理をして、被写体を引き立たせてくれる機能です。iPhoneの11プロユーザーの方がとても気に入っている機能ですが、iPhone SE2でもA13チップを使用したのでサポートをします。

それぞれの人物の写真照明機能も含まれています。写真の姿と背景に基づいて好みの照明を演出させて写真に適用まですることができる機能です。

iPhoneのSE2のカメラ撮影は4K動画撮影まで無理なくサポートします。私はコスト削減のために4Kはサポートにならないと思った4Kまでサポートするという驚かざるを得ませんでした。4Kは、HD1080よりも4倍鮮明な画質を撮ることができますので、見逃せない部分です。小さな画面と低価格で、アップルが気を使った姿を見ることができました。

次は、iPhone SE2を待った最終的な目的は指紋認識だと思います。フェイスIDも便利ですが、完全な機能ではないのでまだ高速指紋認識してロックを解く方式であるタッチIDを利用したいユーザーに取っては魅力的だと思います。私も、タッチのID方式が楽だと思います。

そして防水をサポートするというニュースも驚きました。完全防水ではなくても生活防水までサポートをするとしたら、コーヒーや飲み物などをこぼしてもそれほど心配しなくてもいい気がします。ほとんどのコスト削減した普及スマートフォンを見ると生活防水があまり入るスマートフォンがまれなのでメリットある部分だと思います。

ユーザーの他の満足感は、やはりバッテリーがどのくらい持つか、高速充電に対応するかだと思います。膨大なバッテリーの量ではないが、最適のA13チップセットの最適化で最大13時間の間の動画視聴が可能で、18Wの急速充電をサポートするため、充電が長くかかるというデメリットを減りました

こういったところ見ると、手頃な価格で、iPhone SE2が整えたスペックを見ると素晴らしすぎて、これがなんで低下型スマートフォンなのかは疑問です!今回のアップルの対応はとても満足です。

iPhoneのSE2の色を見ると黒、白、赤の三つの色でのみ公開がされたので発売も三つのモデルのみ発売されると思われます。本当にアップル製品の中で最も人気がある色だけ発売になりましたね。

やはり生活の中で備えるべき機能を持っていますが、AR機能まで搭載したA13チップセットの驚きをここで感じています。もう一つ目立部分はiPhone SE2はデュアルSIMのサポートをすることです。

昨日公開された、iPhone SE2デザインと仕様を調べました。あまりにも安価に出てきてA13チップセットが果たして入るか疑問だったんですが、いざ発表されたら入っててコスパのいい携帯が出てうれしい気持ちです

アクセサリーも徐々に準備されているように期待してもいいと思います皆さんは、iPhone SE2どう考えておられるのか知りたいですね。発売になると、一度レビューもして見たいと思います

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です